11月 2016

保険の選び方

保険には、掛け捨てタイプと終身タイプがあります。掛け捨てタイプは、契約期間が終了すると、効果がなくなるため、再度契約が必要です。終身タイプは、一度加入すれば、一生に渡って契約が延長出来ます。保険見直しをされる方は、どちらのタイプを選ぶか、事前に考えましょう。

掛け捨てタイプのメリットは、終身タイプへの加入が認められない、年配の方でも加入できることです。1年毎に更新が選択出来ますので、区切りがいいところで契約を解消し、別の会社の保険に乗り換えられます。満期まで加入すれば、お祝い金がもらえる保険もあります。

どのタイプを選ぶか、それとも保険に入らないかは、その人の自由です。大企業にお勤めの方や公務員の方は、組合が出資している保険に加入し、月々の掛け金を支払われているケースがあります。自営業の方や個人事業主の方は、万が一の時に備え、任意保険に加入しましょう。

保険を選ぶときは、真剣に考えましょう。保険は最低契約年数が決まっており、その契約期間未満での契約解除は、マナー違反です。最低でも3年は同じ保険に入ることを前提に、保険選びを行いましょう。若い方は、掛け金が比較的安く済みますので、終身保障タイプもよいでしょう。

ネットの活用と注意点

ネットを利用される場合、現在加入している保険の掛け金や保証内容を確認しましょう。ネット上で契約される場合、掛け金が安くなる場合があります。しかし、専門員に相談せず、ご自身の判断のみで契約を結びますので、判断ミスやご自身がお望みの契約条件との相違など、様々な問題が考えられます。始めての方は、必ず専門の相談員に話を持ちかけましょう。

ネット申し込みは、保険の内容を理解している方において、手続きの簡略化の恩恵があります。一方、ネットを使うことで、本来不要な保険に加入するケースや、不要な特約をつけてしまうケース、入るべき保険を辞退するケースもあります。保険会社に対する同情心は捨て、シビアな視点で現状を把握しましょう。

ネットでの申込の場合、自宅まで申し込み書が郵送され、指定事項を記入した上で、必要書類を添付して返送します。これは、個人の住所が正しいことを証明するためであり、その人の筆跡を確認するためでもあります。ただし、自転車保険など、一部の保険は、この手続が簡略化され、ネット上で申し込みを完了できます。

保険にはいろいろな種類があり、ネットを使って、複数の会社の保険を見比べられます。もっとも、任意保険は加入が義務ではありません。本当に必要なのか、最後まで確認を徹底して行いましょう。

見直す必要があるのか

保険の見直しは、慎重に行いましょう。保険の見直しは、義務ではありませんが、数年ごとに見直す事も大切です。契約条件の確認と、現在加入されている保険のタイプの把握を行いましょう。保険の見直しを上手に行うなら、専用の保険比較サイトを使いましょう。複数の会社の保険を一括で確認できるため、とても便利です。

保険の見直しは、あくまでも任意です。保険会社が契約者に対し、保険内容の見直しを提案された場合でも、お断り出来ます。若い時に終身保障タイプの保険に加入された場合、今の契約をそのまま更新された方が、費用が軽減される場合が多いです。掛け捨てタイプをご利用されている方なら、契約を途中で打ち切って、保証内容の見直しを行う事も重要です。

保険を見直される方は、保険の契約内容をよくご確認下さい。多くの方が、どの保険会社と契約を結んでいるか、失念されておられます。今一度、ご自身がどの会社のどの保険に加入されているのか、よくご確認下さい。保険は万が一の時の保証です。日頃から安全運転を心がけ、体調が悪い時は休息をお取り下さい。

保険を使わずとも、豊かな人生を送ることは可能です。しかし、現代社会には見えないリスクが山積しています。必要に応じて、保険の見直しを行いましょう。

保険見直しは専門家へ

現在加入されている生命保険や医療保険の料金が高いと感じたり、他のプランに乗り換えたいとお考えの方は、保険見直しの専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)に依頼しましょう。

保険見直しのメリットは、大きく分けて2つです。まず、今ご加入されている保険の料金が引き下げられ、家計への負担が軽くなることです。次に、保険のムダを解消し、現在の状況に合わせた、適正な保険を選択できます。余計な支出を減らしたい方は、保険の見直しをしましょう。

保険の見直しを効率良く行う場合、「現在の保険」の価値を的確に把握すべきです。契約当初は、手厚い保証が必要だとお考えになった場合も、年齢の経過や経済事情の変化などで、新しいプランが必要となります。保証を重くするか、軽くするか。よく考えましょう。 保険には、製麺保険や火災保険などがあります。近年では、地震や津波の保証に特化した保険も発売されています。自動車やバイクの任意保険も有名です。保険への加入は自由ですが、災害や大病、大怪我に遭遇しないことが一番大切です。健康に気を配り、暴飲暴食を控えましょう。遠出をされるときは、旅行先の天候を把握しましょう。

ネットで保険に加入される場合は、保証内容の確認を徹底しましょう。上手に保険を使いこなすなら、きちんと保証内容を理解して、数年単位で掛け金を支払えるか、あらかじめ想定をしましょう。前払いを行われる方は、生活費などの、必要な費用まで考えに入れましょう。